新着順:107/605 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

出演者募集WS

 投稿者:日野晃メール  投稿日:2010年 7月22日(木)13時47分25秒
  通報
  管理人様、恐れ入りますが場所をお借りします。
もし、不適当と思われたら、削除して下さって結構です。

2011年5月吉祥寺シアターで、2回目の公演を行います。
元気の良い方を、今回のWSで探しています。
2010年2月28日岡山、3月4日埼玉彩の国で、日野身体理論で1回目の公演を行いました。彩の国には、桜井圭介さんも来てくれ「凄い!」と一言。
公演の事は、ForsytheCompanyのダンサー達も、他の外国のダンサー達も興味津々でした。
「本当のコンタクトが出来たら凄い舞台になるよね」と。

【内容】
フォーサイスカンパニーでも何時も話すことは、「身体は天才だが、それをコントロールする頭が問題なのだ」と。
身体は、誰一人の例外なく天才なのです。
その身体の能力を発揮させるキーワードが、「感じる」であり「繋げる」です。
その身体を追求することが、どのジャンルでも通用する普遍的な「美」に繋がるのです。
もちろん、身体の能力の質を高めることも重要です。
その身体を手に入れるには3つのキーワードがあります。
1つは「胸骨操作」で、腕や足までも胸骨操作をすることで繋げます。
いわゆる、動きの核を作り出すということです。
2つ目は「連動」で、その腕や足も連動により操作します。
繊細な動きからダイナミックな動きまでコントロールするには、連動という使い方が必要なのです。
3つ目は身体を「感じる」で、身体を体幹から伸縮させ、そこに起こる刺激を感じ取り、その刺激を辿って行く、あるいは、することが「身体運動そのもの」になる、という3つのキーワードで
す。
また、共演者との関係、舞台との関係、観客との関係、そして、観客の目で自分を観れること。
それらは舞台表現にとっての、最重要要素です。
もちろん、本当に出来ることが目的で、巷にある雰囲気の話ではありません。

これらのことを「身体塾」「関係塾」「表現塾」と3コマに分けて行います。

●場所:Bumb 東京スポーツ文化館 1F マルチスタジオ
東京都江東区夢の島 3-2 TEL 03-3521-7321 http://www.ys.tokyobay.co.jp/

●期間:2010 9月13日ー9月17日
●時間:各日
【身体塾】11:00~13:30
【即興塾】14:30~17:00
【表現塾】18:00~20:30
●料金: 1コマ   3,000円
       5コマ 14,000円 追加1コマ 2,800円
10コマ 25,000円 追加1コマ 2,500円
全14コマ 30,000円
● お申し込み:webサイト及び携帯サイトの「Real Contact」申し込みフォーム。
又は、FAX(FAXに限り8月15日まで受付)にて、お申し込みください。
FAX 0739-65-0659(FAXには、名前・住所・年齢・TEL・FAX番号・メールアドレス。受講希望日及び全受講コマ数を明記してください)
PC     http://www.hino-budo.com/
携帯    http://www.hino-budo.com/keitai/keitai-1.htm

●お申し込み頂いた方には、指定の振込み口座をお知らせいたします。ご入金の確認をもって、申し込み完了となります。
折り返し、領収書又は領収確認のメールを送らせて頂きます。
その後、受講カードを送付いたしますので、必ず受講カードを会場にご持参頂き、受付にてご提示ください。

お問い合わせ:日野武道研究所    TEL:0739-65-0616
E-mail:ws2010@hino-budo.com

* 主催者の都合により、参加をお断りする場合があります。
* 基本的に見学はお断りいたします(主催者の許可要)

http://www.hino-budo.com/2010Tokyo-WS.htm

 
》記事一覧表示

新着順:107/605 《前のページ | 次のページ》
/605