新着順:153/605 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

栃木県芸術祭 バレエ合同公演(11/8)

 投稿者:用務員メール  投稿日:2009年11月 9日(月)20時20分32秒
  通報
  第63回となる今年の県芸、持ち時間30分の通常プログラム4団体と全国コンクール入賞者によ
るエキシビションに加え、今回は特別プログラムとして約10分間程度のショートプログラム持
ち寄りが行われ、当スタジオを含む9団体が参加して盛り沢山に行われました。いや、エキシ
ビションのみの参加を含めると正確には10団体ですね。栃木県洋舞連盟は12団体ですから大方
のスタジオが網羅されたことになり、ショウケースとしての役割が果たされたのではないでしょ
うか。特にショートプログラムには各団体とも力が入っていて、それぞれの持ち味が良く出た
充実したライブカタログになっていたかと思います。約4時間の長丁場でしたけど、面白かっ
たですね。

ちなみに群馬の県芸、ぐんまバレエフェスティバルは各団体15分間ずつで、毎年ほぼ全団体が
参加しますから、年に一度だけ足を運べば群馬県内の状況が大体把握できます。お客にとって
は大変便利な公演になっていますが、きっと出演団体とスタッフの方々のご苦労は並大抵のも
のではないでしょう。(しかも毎年開催地が変わりますから、なおさらですね。)栃木でも、
毎回と言うわけにはいかないでしょうが、何年かに一度はこうしたショウケース公演ができる
といいと思います。

当スタジオの出演作品は↓。左がアブストラクトな創作「Elegua」、右が「小組曲」です。小
学生から大人まで一つの作品で板に乗るとか、使っている曲がショスタコーヴィッチだったり
するあたりが当スタジオの特色でしょうか。写真をクリックすると、少しだけ大きなバージョ
ンになります。

 
》記事一覧表示

新着順:153/605 《前のページ | 次のページ》
/605