teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


台風

 投稿者:GAKO  投稿日:2019年 8月16日(金)00時18分10秒
  こんばんは,GAKOです。

台風です。
進路にあたった四国,九州,中国地方では,大荒れのようです。

接近中の一昨日くらいまでは,近畿地方にもかなり影響が出そうな進路でしたが,
西にずれたようです。

そのせいか,我が家のあたりでは,一昨日の方が風が強く,ベランダの窓を開けると,
ガスコンロの火が消えてしまうほどの風の強さでした。
今日は,雨は強まりましたが,風はそこまでひどくなかった。(強風ではありますが)

まだ,10 号。
これからが台風シーズン本番ということでしょうか。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/gako-oku/INDEX.htm

 
 

34年・・・

 投稿者:GAKO  投稿日:2019年 8月12日(月)19時08分33秒
  こんばんは,GAKOです。

>ゴロピカリさん
>>はい、御巣鷹山はあれから34年経ちました。
もう,そんなになるんですねぇ。

と,いうことは・・・・
我が夫婦も 34 年経ったということか・・・(^_^;)


ところで・・・まったく話は変わって・・・
5月に新しいパソコンを購入しましたが,あいかわらず,メインに使っているのは古いXPパソコン。
慣れるために,日に一度は,新しい方も使うのですが,自分のHPを見たことがなかったのです。
そうしたら,なんだか見栄えが違ってる!
Windows の基本的なシステム・フォントが,XPの頃と変わってたんですねぇ。
今まで,HPのフォントの指定はしていなかったので,ブラウザの基本フォントで表示していたわけですが,
Windows のフォントが変更され,ブラウザのフォントも変更されていたようで,見栄えが変わってしまっていたようです。
(気づくの遅い!)

それで,この数日,HP全体を見直し,フォントの指定をしました。
ついでに,この 20 年近くの間に,ツギハギだらけになっていたのを,ちょっと整理。
とりあえず,おおよそは終わったかな,ということで,さっき,アップしなおしました。
基本的には,ほとんど変わりないとは思いますが,変更し忘れがあるかもしれません。
表示する文字の大きさが,一部で急に変わったり,レイアウトが崩れてしまっていたり,
そんなことがあるかもしれませんが,その時は,お許しを。
ご一報いただければ幸いです。


http://www001.upp.so-net.ne.jp/gako-oku/INDEX.htm

 

あれから・・

 投稿者:ゴロピカリ  投稿日:2019年 8月12日(月)18時02分5秒
  はい、御巣鷹山はあれから34年経ちました。
私が登ってから5年。
あのころは元気よかったわ(笑)
 

八月の飛行機

 投稿者:GAKO  投稿日:2019年 8月 8日(木)22時50分31秒
編集済
  こんばんは,GAKOです。

毎日,暑い。
真夏だねぇ。。。

ところで,さっき,ニュースを見ていたら,羽田空港への着陸コースが変わり,
渋谷の上を通るとか・・・
住民の意見,不安を聞いていたけど,この際,沖縄の基地問題と絡めることは出来ないのかねぇ。
数百メートル上空を旅客機が通過するのではなく,
戦闘機が頭の上を通るのが当たり前になってしまっている沖縄のことをどう思うのか,聞いて欲しかった。
それとも,そんなことは,政府との関係で放送局は出来ないのかな。
そういう感想を言った人がいても,カットされちゃうのかな。

そういえば,そのニュースの前に,日航機事故で亡くなった坂本九さんのことの番組もやってましたね。
あの123便の事故,八月でした。
1985年だった。私が結婚した年だったので覚えています。
もう34年も経ったのですねぇ。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/gako-oku/INDEX.htm

 

上半期ベスト3

 投稿者:GAKO  投稿日:2019年 7月31日(水)18時56分8秒
編集済
  こんばんは,GAKOです。

昨日,今日と猛烈な暑さです。
そんなわけで,掲示板の確認が遅くなりました。

>ねひつじさん
ありがとうございます。
いつもながらのシブイ選択ですね。

>ドラ師匠
ありがとうございます。

>>■MIKE MURLEY TRIO / SHIP WITHOUT A SAIL
・・・・
ジョン・ルイス(p)の名曲(9)「Two Degrees East, Three Degrees West」は珍しいかな。

確かに,John Lewis 以外で聴いたことないかも。
φ(..)メモメモ

さて・・・・
余裕を持ちすぎて,自分のを書くの忘れてました。

遅くなりましたが,私の「上半期ベスト3」です。

まずは,
【上半期の総括】
 今年 1 月から 6 月までに 31 枚。いつものお店で,ほぼ新譜だけ。
 いつものことながら,ベテラン店主が選んだモノの中から,自分の好みに合いそうなモノを選ぶので,ほぼハズレなし。ネットでよくある販促用のコメントの転載ではなく,どれも店主が実際に聴いた上での評価つきだから,安心できます。
 そうは言っても,確かに,入荷するCDの量が減ってきているのが,ちょっと不安材料。かつ,ブツを購入する人が減ってきているそうで,お店としていつまで維持できるか・・・なんとか,少なくともあと 10 年はガンバッテね,とは言ってますが,店を続けたくても。そもそも,いつまでブツがあるのか,どうか。そこが問題かもしれないと話してます。

 ともかく,今年の上半期のベスト3です。

* Frank Morgan & George Cables “Montreal Memories” (High Note, HCD 7320)
   Frank Morgan(as), Geroge Cables(p).
   Rec. Jul. 1, 1989, live at the Montreal Jazz Festival, Theatre Port-Royal, Canada.
   (1)Now's The Time (2)All The Things You Are (3)A Night In Tunisia
   (4)'Round Midnight (5)Confirmation (6)Blues For Rosalinda (7)Helen's Song
   (8)Lullaby (9)Medley: Nefertiti / Billie's Bounce
  今年のオフ会で聴いてもらった一枚。おなじみのスタンダードとバップ・ナンバーの演奏
 だが,単なるハード・バップとはいえない,そこを超えたふたりの音楽が表現されている。
 これは,ぜひ手許に置いておきたいアルバムだ。

* Carlo Uboldi UBBAZU TRIO “Street Lamp” (Music Center, BA 412 CD)
   Carlo Uboldi(p), Aldo Zunino(b), Stefano Bagnoli(ds).
   Rec. Jan. 27, 2019.
   (1)Love For Sale (2)Rapunda (3)Lotandu (4)Catipece (5)The Windmills Of Your Mind
   (6)Love Letters (7)Giulio Libano (8)Street Lamp (9)Basin Street Blues
   (10)Just In Time
  Carlo Uboldi といえば,前に,Scott Hamilton とのアルバム,Emanuele Cisi とのアルバムを紹介したことがある。
 今回は,ピアノ・トリオで,彼自身のオリジナルとスタンダードを聴かせる。
 前に書いたように,ジャズ・ピアノの王道ド真ん中だが,トリオであるために,これまで以上に自己を主張しているようだ。
 トリオとしても力強さと繊細さのメリハリのあるまとまりのある演奏だ。

* Ken Peplowski / Diego Figueiredo “Amizade” (Arbors, ARCD 19468)
   Ken Peplowski(cl, ts), Diego Figueiredo(g).
   Rec. Oct. 12 - 13, 2018.
   (1)Caravan (2)Quizas, Quizas, Quizas / Bésame Mucho (3)A Little Journey
   (4)One Note Samba (5)Black Orpheus (6)Apelo (7)Retrato Em Branco E Preto
   (8)Por Paco (9)Stompin' At The Savoy (10)Amizade (11)So Danço Samba
  Ken Peplowski は,2016 年に “Enrapture” (Capri, 74141-2) というアルバムで
  初めて聴いたサックス奏者で,Ken Peplowski(cl, ts), Ehud Asherie(p), Martin Wind(b),
  Matt Wilson(ds) というメンバーで,いいアルバムだった。
  が,ちょうど紹介する谷間に入ってしまったために,「今週のアルバム」 で取り上げなかった。
  今回,久しぶりに名前を見つけ,ブラジルの若手ギタリストとのデュオ・アルバムということで,聴いてみることにした。
  曲目は,主に,ジャズとブラジル音楽から選ばれており,(3), (11) は,Peplowski の,
  (6) は,Diego Figueiredo のオリジナル。
  Peplowski のクラリネット,テナーは,きっちりとしたジャズの伝統に基づいているし,
  Diego Figueiredo の生ギターも,単純にブラジル音楽だけではない幅広い表現力を持っている。
  お互いに刺激しあいながら,素晴らしい音楽に仕上がっているといえるだろう。
  ちなみに,タイトルの amizade というのは,「友情」 といった意味のポルトガル語。

<特別賞>
  ベスト3に入れようと思ったが,発売が去年なので,こちらに回した。だが,気持ちの上では,ベスト!

* Martial Solal “Martial Solal Solo Piano Unreleased 1966 Los Angeles Session, Volume 1” (Fresh Sound, FSR-CD 943)
   Martial Solal(p).
   Rec. Jun. 18, 19 (#10, #13) & 21 (#3, #9, #12), 1966.
   (1)Groovin' High (2)Scrapple From The Apple (3)I Can't Get Started
   (4)Night In Tunisia (5)Ornithology (6)Yardbird Suite (7)Embraceable You
   (8)Now's The Time (9)Lover Man (10)Blue Monk (11)Billie's Bounce
   (12)'Round Midnight (13)UnPoco Loco
  実は,このアルバム,去年の夏頃に,いつものお店で,「すごいのが入ってきた」 と聴か
 せてもらっていたもの。Martial Solal のソロ・ピアノ。一聴して,衝撃が走った。ただ,そ
 の時は,すでに買い物を終わっていたので,次回以降にと思っていた。翌月に行った時には,
 見当たらなく,それに衝撃的ではあるが,ソロ・ピアノだということがひっかかっていて,
 ずっとパスしてきたのだが,今月 (2019 年 6 月),やはり欲しくなり,運よく残っていたも
 のを入手した。
  Charlie Parker を録音したことで有名な Dial レーベルの Ross Russell が,Solal を
 ロスに招いて録音したもの。ここでは,珍しくバップ・ナンバーを多く演奏しているが,
 Bud Powell とは一味違ったイメージながら,スピード感に満ち,刺激的に,緊張感あふれる
 フレーズが次々に現れる演奏を聴かせてくれる。1966 年頃といえば,フリー・ジャズが席巻
 し,John Coltrane も調性の世界からフリーへ移ろうかという時代。そんな時代に,対抗する
 ようにバップ曲を,独自の解釈で圧倒的な演奏をしてみせた。まさに,衝撃的!
 貴重な録音だ。


http://www001.upp.so-net.ne.jp/gako-oku/INDEX.htm

 

上半期のベスト3

 投稿者:ドラ  投稿日:2019年 7月29日(月)22時05分7秒
  こんばんは、ドラです。

ピアノレスが2枚とヴォーカルが1枚です。
けっこうシブい3枚が選べたと思っています。

■CHRIS BYARS SEXTET / A HUNDRED YEARS FROM TODAY
chris byars(ts), john mosca(tb), zaid nasser(as),
stefano doglioni(bcl), ari roland(b), phil stewart(ds)
2019/SteepleChase/

クリス・バイアーズ(ts)は初見、バス・クラリネット入りのピアノレス・セクステットです。
この組み合わせの面白さに惹かれて手が伸びました。
初めて聴いた時にショックを受けてしまいました。
郷愁を誘う中々にユニークなサウンドが飛び出してきたからです。

重厚なアンサンブルで洗練されたハーモニーを聴かせてくれました。
温故知新・・・現在では珍しいスタイルですが原点はニューオリンズ・ジャズにあります。
以前だいぶ前になるけど、80年代のウィントン・マルサリス(tp)の新伝承派の流れを汲んでいます。
この作品が気に入ったのでさかのぼって同系統のアルバムを2枚聴いてみました。
1枚は8人編成の「フレディ・レッド作品集」でもう1枚は6人編成の「デューク・ジョーダン作品集」です。
特にフレディ・レッドは地味なピアニストですがその作曲能力には秀でたものがあります。
そんなフレディに陽を当てたことからもクリス・バイアーズの非凡さがうかがえました。

全10曲は1曲を除いて自身のオリジナルで占められています。
やはりオリジナル中心の今作の方が前述の2作に比べて数段完成度は高かったです。
やりたいことをやりたいようにやる・・・自身の創作意欲が十分に発揮されたのではないかと思います。

■MIKE MURLEY TRIO / SHIP WITHOUT A SAIL
mike murley(ts), reg schwager(g), steve wallace(b)
2016/Cornerstone/

カナダのテナー・サックス奏者、マイク・マーレイのドラムレス・トリオの作品です。
ちょっと前に聴いたエミリー・クレア・ バーロウ(vo)のアルバムのバッキングが良かったので入手しました。
マーレイを聴くのは2枚目になります。
マイク・マーレイ・トリオは以前ドラムレス・ファンのジャズ友に「いいから聴いてみてよ」と薦められました。

*Mike Murley Trio / Live At The Senator (2000/Cornerstone)

前回↑のギタリストはエド・ビッカートで今作はレグ・シュワガーです。
両者共にカナダを代表するギタリストなのでこの二人が聴けるだけでも貴重かもしれない。

全10曲は自身のオリジナル1曲とその他9曲の構成です。
ジョン・ルイス(p)の名曲(9)「Two Degrees East, Three Degrees West」は珍しいかな。
マーレイのドラムレス・トリオはまず雰囲気を味わうアルバムです。
ゆったりと落ち着いたサウンドは大人の時間を過ごすには最適です。
焦らず騒がず、でもただ静かだけでもない秘めた熱さも感じさせる。
ドラムレス・ファンの通がこういうのを聴いているかと思うと「さすがだなぁ~」と思います。

■CLAIRE MARTIN & JIM MULLEN / BUMPIN'
claire martin(vo), jim mullen(g),
mads barentzen(p), thomas ovesen(b), kristian leth(ds)
2019/Stunt/

クレア・マーティンはオーストラリア出身でイギリスでブレイクしたヴォーカリストです。
クレアを聴くのは2枚目ですが前回は2002年だったので17年振りということになりました。
長いご無沙汰ですが私にはこういう人がいっぱい居ます。
クレアは声量はやや物足りないけど、とても歌の上手い人です。
ギタリストのジム・ミューレンと組んでのウェス・モンゴメリー(g)のトリビュート盤です。

全11曲はウェス&バディのモンゴメリー兄弟が4曲とその他7曲の構成です。
ヴォーカル盤としては全体的に凝った曲が選曲されていてジャズ度が高い難曲が並んでいます。
一番の聴きどころは「クレアがその難曲をどう料理しているか」ということになると思います。
(2)~(6)までの流れが素晴らしい・・・ミューレンのクリアなシングル・トーンにも注目です。
ベストは絶妙なノリを聴かせるタッド・ダメロンの(5)「If You Could See Me Now」か。
クレアの上手さが際立つ一枚になりました。
 

上半期ベスト3

 投稿者:ねひつじ  投稿日:2019年 7月28日(日)22時20分31秒
  こんばんは。
ベスト3に遅れてしまいましてスミマセン。
バタバタしたこともあってあまり枚数を聴いていないのですが
印象に強く残った3枚を挙げます。
再発されたECMの2枚は、どちらも大変みずみずしい演奏で感動しました。

・Mike Nock / Ondas (ECM・1981)

・Leo Smith / Divine Love (ECM・1978)

・Uli Beckerhoff / Private Life (Nabel・1992)

http://8824.teacup.com/nehitsuji/bbs

 

虹の彼方に

 投稿者:GAKO  投稿日:2019年 7月25日(木)20時08分28秒
  こんばんは,GAKOです。

どうやら,梅雨も明けたようで,強い夏の陽射しになってきました。

そんな今日,CDの仕入れをしました。
前に,「今週のアルバム」で紹介した,Martial Solal の 1966 年のソロ・ピアノ・アルバムの Volume 2 も無事入手。
その他,4 枚ばかり,輸入盤の新譜を手に入れました。

で,いつものように,店主といろんな話をして帰ってきたら・・・

地元の駅を出たところで,虹。
久しぶりに,町の屋根から屋根まで,綺麗に描かれた虹で,しかも,二重になっています。
思わず,スマホのカメラで撮っていると,あとから来た人たちも,皆スマホを構えていました。

いろいろ店で話している間に,地元では,夕立があったようです。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/gako-oku/INDEX.htm

 

(無題)

 投稿者:GAKO  投稿日:2019年 7月20日(土)23時18分22秒
  こんばんは,GAKOです。

明日は,いよいよ選挙の日。
私は,とりあえず,「清き一票」を投じるつもりです。

だけどねぇ・・・「清き一票」が「清き政治」につながらないので,棄権しちゃう人も多いんでしょうね。

先日,選挙カーがうるさく回っていて,聞くともなく聞いていたら,

  「国会で我々の主張をギロンするために・・・」

というようなことを言ってたような。
「政党の主張」をギロンする前に,「国民の声」を聞いているのかしら,と思ってしまいました。
「声」を聞いて「主張」するより前に,「主張」を「国民」に納得させようとしているようなところが聞こえるのでねぇ。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/gako-oku/INDEX.htm

 

(無題)

 投稿者:GAKO  投稿日:2019年 7月20日(土)00時14分5秒
  こんばんは,GAKOです。

今日,1枚CDが届きました。
前に,いつもの店で買いそびれていたアルバム,
ネットでタ○レコを見たら,売れ残っていました。
で,注文したのが届いたわけ。
来週は,いつもの店に仕入れに行きますが,すでにファックスで数枚取り置いてもらうようにお願いしてあるし。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/gako-oku/INDEX.htm

 

レンタル掲示板
/259