teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


昔とは違うか

 投稿者:GAKO  投稿日:2018年 7月13日(金)00時24分15秒
  こんばんは,GAKOです。

めちゃくちゃ暑くなりました。
外と内の気温差がこたえます。

>ゴロピカリさん
どうもありがとうございます。

>>これは・・某レーベルのような軟弱な、客層に媚びるような演奏かと思ってしまいましたが、それは杞憂。
そうか・・・
どうも,そんな気がするので,最近は,日本レーベルの録音は,ほとんど買わない。
と,言いつつも,輸入盤を買ってみると,プロデューサー,録音技師,カメラマンなど,
ミュージシャン以外のアルバム・スタッフ全員が日本人の,逆輸入盤みたいなのもあって,驚きます。(^^)

しかし,Ron Carter 盤,日本レーベルで,この曲目なら,ちょっと手を出しにくいですが,
そうか・・・なかなか良いですか。
じゃ,私も探してみるかな。

まあ,90年代のような,ジャズ・ブームではないから,媚びなくてもいいようになってきているんでしょうね。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/gako-oku/INDEX.htm

 
 

Best3

 投稿者:ゴロピカリ  投稿日:2018年 7月10日(火)21時46分10秒
編集済
  順不同です。
どうでもいいような、しょうもないコメントを付けました。

●Cocktails at Cotton club / Ron Carter
1.SATIN DOLL、2.MR.BOW-TIE、3.MY FUNNY VALENTINE、4.WAVE、5.ANNOUNCEMENT BY RON CARTER、6.SOFT WINDS、7.SAMBA DE ORFEU

Ron Carter (b)、Russell Malone (g)、Donald Vega (p) 2012年

今ではめずらしいドラムなしのピアノトリオ。
買ってから気がついたけれど、よく見れば日本のレーベルから出ている。
これは・・某レーベルのような軟弱な、客層に媚びるような演奏かと思ってしまいましたが、それは杞憂。
さすがはロン・カーターと彼のグループ。
聴きごたえ充分。

●A Night in Tunisia A Night at Birdland / Ryan Kisor & Grant Stewart
1.Quick Silver、2.A Night In Tunisia、3.Confirmation、4.If I Had You、5.Sprit Kick、6.Mayreh、7.Now's The Time、8.Once in A While、9.Wee Dot

Ryan Kisor(tp)、 Grant Stewart(ts)、Sam Yyahel(p)、 James Genus(b)、Victor Lewis(ds) 2004年

この演奏はアートブレイキーの A Night at Birdland の演奏曲目の再演版。
ハードバップを越えた・・とはいいませんが(笑)、新しい感覚の演奏で、おなじみの曲が新鮮に感じられます
こうして聴くとRyan Kisorもけっこういいね(笑)
音色やアタックが、Clifford Brown に比べて少々甘いのが気になるけど・・というか、ブラウニーが凄すぎるのかも。

●Easter Parade / 松尾明
1. Modal Mood、2. Softly As In A Morning Sunrise、3. Blues On The Edge、4. Easter Parade、5. Green Chimneys、6. Gray Lady
7. When You Are Smiling、8. Coincidence Calypso、9. Taken By Force 、10. Lilacs In The Rain、11. Lack Of Intelligence、12. I'm Free Again、13. Softly As In A Morning Sunrise(別テイク)2012年

松尾明(ds)、安井さち子(p)、高瀬裕(b)

これも国内レーベル、〇島レコードと、買ってから気が付きました(笑)
なんだ、買うんじゃなかった。
それなら気に入らない演奏で、酷評できますように・・と思いつつ聴いたら好演・熱演の連続でした(爆)

 

ありがとうございます

 投稿者:GAKO  投稿日:2018年 7月 8日(日)23時08分39秒
  こんばんは,GAKOです。

ようやく雨が上がった!
これで一気に,夏に突入するんでしょうか。

しかし,大雨による被災地の方々にとっては,雨はあがったものの,まだまだこれから。
行方不明の方もたくさんいらっしゃいますし,なにより,今度は暑さが大変だと思います。

>A.tomyさん
「上半期」,さっそくのご投稿ありがとうございます。

>>大物ベーシスト&ドラマー。対する孤軍奮闘の無名ピアニスト。
こういうアルバム,ありますねぇ。
大物 対 無名というかあまり知られていない人。
でも,けっこういいアルバムもありますね。
大物に引っ張られるのか,支えられて安心してなんでもできちゃうのか・・・
ま,いっしょに出来るというだけ,大物に認められていたわけですから。
Uli Lenz という人,私,聴いたことことないですが,調べてみると同い年だわ。

>>“FROM THE MOON / Lloyd Chisholm”(Dmc/2005)
入りましたね!
一度,聴いてみたいです。(^^)

http://www001.upp.so-net.ne.jp/gako-oku/INDEX.htm

 

上半期ベスト3

 投稿者:A.tomy  投稿日:2018年 7月 8日(日)18時07分38秒
  それにしても、自然の驚異、恐ろしいですね。。

では、上半期ベスト3。

“LIVE AT SWEET BASIL / Uli Lenz, Cecil McBee, Joe Chambers”(Enja/1989)
大物ベーシスト&ドラマー。対する孤軍奮闘の無名ピアニスト。甘露甘露。頑張りが報われた一枚。

“ARRIVAL / Steve Einerson”(CELLAR LIVE/2012)
テディ・キングが唄った「I Guess I'll Hang My Tears Out To Dry」!!が、古臭い録音。惜しい!

“FROM THE MOON / Lloyd Chisholm”(Dmc/2005)
選曲センスが抜群!ナット・アダレイの「The Old Country」なんて!多少ラッパがヘタでも許す!
(アルトの KRIS ALLEN イイですよ♪)

http://yumekamakotoka.la.coocan.jp/

 

大雨!

 投稿者:GAKO  投稿日:2018年 7月 8日(日)00時41分22秒
  こんばんは,GAKOです。

記録的な大雨で各地で大きな被害が出ています。
まったく,どうなんているんだろう。
亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

>ゴロピカリさん
>>今や夏の風物詩ですね
言ってみれば,年末の「ベスト3」のオマケ,予行演習みたいなもんです。(^^)
そんなもんで,7月末まで,お待ちしています。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/gako-oku/INDEX.htm

 

上半期ベスト3

 投稿者:ゴロピカリ  投稿日:2018年 7月 7日(土)19時20分10秒
  今や夏の風物詩ですね(笑)
あまり買っていませんが、参加します。
ちょっと待っててください。
 

時間ですよ! 「上半期ベスト3」

 投稿者:GAKO  投稿日:2018年 7月 1日(日)23時48分27秒
  こんばんは,GAKOです。

早,7月・・・ということは・・・
と書こうと思っていたら,先に,投稿していただいてました。

そう,「上半期ベスト3」の時間ですよ!

>910さん
>>自ブログからの転載ですけど、今年もよろしくお願いします。
どうも,ありがとうございます。

そういえば,私,しばらくECM盤,買ってませんわ。
あんまり触手が伸びなかったということでしょう。
それに,ECMや Criss Cross というと,910さんのお顔を思い出してしまいます。
910さんの評判を見てからでいいか。。。なんて,ね。(^^)

http://www001.upp.so-net.ne.jp/gako-oku/INDEX.htm

 

上半期の3枚

 投稿者:910  投稿日:2018年 7月 1日(日)20時03分38秒
  自ブログからの転載ですけど、今年もよろしくお願いします。

王道のジャズ割合が減ってきてますが。それはそれでいいとして。ECMに関しては、今年もNew Series含めて20枚以上出ていますけど、今回は傑作はパッと浮かんできませんでした。ジャズといってパッと頭に浮かんだのは、安定したトリオのブラッド・メルドー。オリジナルも既成曲もいい。ただし全員に受け入れられるかは、疑問かも。井筒香奈江さんのヴォーカル・アルバムはジャズとは言えないんじゃないかとも思えますけど、ディスクユニオンのジャズ東京ではかなり売れているそうです。気に入ってます。トム・ケネディは、ダウンロード中心でCDとしてはなかなか入手できなかったもの。時代の移り変わりの象徴と、内容で選びました。


Seymour Reads The Constitution/Brad Mehldau(P) Trio(Nonesuch)(輸入盤) - Released 2018. Larry Grenadier(B), Jeff Ballard(Ds) - 1. Spiral 2. Seymour Reeds The Constitution 3. Almost Like Being Love 4. De-Dah 5. Friends 6. Ten Tune 7. Great Day 8. Beatrice

(18/06/04)ブラッド・メルドー作が1-2、6曲目で、他はジャズメン・オリジナルやロック、スタンダード。タイム感が独特な感じもあるけど、相変わらず安定したトリオ。タイトルの通り、らせん状にぐるぐる回るような、ちょっと浮遊感と不安定感を伴いながら前に進んでいく1曲目、タイトル曲だけど、ちょっと不思議な千鳥足感と淡い感じで面白いゆったりめの2曲目、スタンダードでアップテンポの演奏がスリリングな3曲目、エルモ・ホープ作のスマートでオーソドックスな4ビートの4曲目、ブライアン・ウィルソンらの曲をうまくワルツでトリオで唄っている5曲目、これも独特なタイム感と哀愁のあるクラシック的にも発展する6曲目、ポール・マッカートニー作を8ビートで料理する7曲目、サム・リヴァース作で意外にスウィングする8曲目。


Laidback 2018/井筒香奈江(Vo) レイドバック(Jellyfishlb) - Recorded November 14 and 15, 2017. 藤澤由二(P)、小川浩史(B)、Guest: 中川昌三(Fl)、大久保貴之(Per) - 1. Songbird 2. Little Wing 3. サクセス 4. 美人薄命 5. 雨の鼓動 6. アネモネ 7. 部屋に吹く風 8. Light My Fire 9. You Are So Beautiful

グループでの10年ぶりのアルバム。今回は作詞井筒香奈江、作曲藤澤由二が4-6曲目にあり、初のアルバムでのオリジナルではないかと思います。また、今までのグループの2枚は洋楽だけだったのが、今回は和洋オリジナル混合になっているのも、そこが特色か。グループとしても別物のアルバムに仕上がっています。何よりも、けっこう音数を減らして、静かに淡々と歌う場面もあって、聴いて胸を締め付けられるような音使いが目立ち、井筒個人名義のアルバムのサウンドも引っ張っているような感じ。ジャズかと言うと、J-POP(ニューミュージック?)に近いものがありますが、3曲目は4ビートであり、またスタンダードも9曲目にあったりして、ジャズとしても多少は考えられるのでは。音楽としてはけっこう素晴らしい。(18年5月16日発売)


Points Of View/Tom Kennedy(B, Key)(自主制作) - Released 2017. Dave Weckl on 1-2), Bill Evans(Ss, Ts on 1-2), Charles Blenzig(P on 1-7), Karla Harris(Vo on 3), Wes Ritenour(Ds on 3, 7), Chuck Roeb(G on 3), Bob Franceschini(Ss, Ts on 3-6), Lee Retenour(G on 4), Obed Calvaire(Ds on 5-6), Nick Marcione(Tp on 5), Randy Brecker(Tp on 7)., Mike Stern(G on 8), Richie Morales(Ds on 8), Bob Malack(Ts on 8) - 1. I'll Remember You 2. The Dark 3. New July 4. Just Listen 5. Roints Of View 6. Koolz 7. I'll See You 8. Gaslight Square Blues

(18/02/11)5-8曲目がトム・ケネディ作曲で、1-4曲目は参加メンバーの曲、スタンダード他。なかなかスゴいメンバーややリラックスしつつも、ベースをはじめ、それぞれのソロもあちこちで堪能できます。エレクトリックベースが5曲、4-5、7曲目はアコースティック。ジャンル的にはややフュージョン寄りですが、あまり甘くもなく、特にリーダーのベースがそれとなくだけど、目立っている感じ。こういう洗練された渋さは、なかなか味わえないかも。特に3曲目(ギターはチャック・ローブ)の都会的な渋い曲調は、聴いていて大人の曲だなあ、と思わせます。自主制作で好きなように演奏することが、ベーシストのリーダー作としてはうまく作用している感じ。5曲目はややアップテンポの4ビート。こういうジャズ的要素も少しあります。


(次点)Music Is/Bill Frisell(G, Loops, B, Ukulele, Music Boxes)(Okeh)(輸入盤)
 

なんとまぁ!

 投稿者:GAKO  投稿日:2018年 6月29日(金)01時12分46秒
  こんばんは,GAKOです。

サッカーWカップ。
グループ・リーグ最終戦,負けたけど・・・
なんと,決勝トーナメントに進出!
ベスト16です。
こんなこと,予想もしてなかった。
3連敗するんじゃないかなんて,思ってたぐらいですから。
フェアプレーポイントの僅かな差で,セネガルを上回りました。
日本らしい,といえば,日本らしい結果か・・・

http://www001.upp.so-net.ne.jp/gako-oku/INDEX.htm

 

ありがとうございます

 投稿者:GAKO  投稿日:2018年 6月20日(水)22時53分36秒
  こんばんは,GAKOです。

>クミさん
>>ご無事で良かったです。
ありがとうございます。
私の方は,大阪の南の方なので,たいしたことはありませんでしたが,
北摂の方から京都にかけては,被害も大きかったようです。
おまけに,強い雨が降り,屋根の壊れたお家などは,大変そうです。
余震の方は,減少傾向ではないかと思いますが,まだまだ,安心はできないところです。

目の方はいかがですか?
私の方は,4月の帯状疱疹以後,いまだに眼科には通っていますが,まあ,もうほとんどいいようです。
お大事にしてください。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/gako-oku/INDEX.htm

 

レンタル掲示板
/246