teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


大竹野さん

 投稿者:シンジ  投稿日:2009年 7月23日(木)01時56分21秒 e136149.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
  さよなら。
そっちは、どんなですか。
芝居とか、観に来れそうですか。
また、演りますよ。
きっと、演りますからね。
観に来て下さいね。

http://navy.ap.teacup.com/nyoro/

 
 

くじらの花見

 投稿者:シンジ  投稿日:2009年 4月 6日(月)22時55分56秒 e136149.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
  無事、終了。
 …みなさま、お疲れ様。

http://navy.ap.teacup.com/nyoro/

 

くじら企画

 投稿者:シンジ  投稿日:2008年12月11日(木)00時42分17秒 e136149.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
  「山の声」
無事、終了。
 …みなさま、お疲れ様。

http://navy.ap.teacup.com/nyoro/

 

ヤナイ君が

 投稿者:シンジ  投稿日:2008年 6月10日(火)01時01分19秒 e136147.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
  死んじゃったよ・・・。

http://navy.ap.teacup.com/nyoro/

 

ひどいなぁ・・・

 投稿者:シンジ  投稿日:2008年 2月 6日(水)23時39分49秒 e136174.ppp.asahi-net.or.jp
  なにこれ。
広告だらけ。
エゲツない眺め。
 

トシちゃん観劇っ!!!!!

 投稿者:シンジ  投稿日:2007年 7月 3日(火)16時15分56秒 e136080.ppp.asahi-net.or.jp
  ・・・スマンかった。
動揺しているのだ。
もの凄く期待して観に行った芝居でハズしたのだ。
遊劇体の「天守物語」
失敗作だったと思う。

この芝居は、このハコで演ると決めた瞬間に
失敗(or敗北)の宿命を負ったのだ。
先ず第一に、狭い。このハナシには狭すぎる。
タッパが足らない。
プロセミアムが必要だ。

「闇光る」では、周囲の余白が能舞台上の濃密な空気
(観客側からの気の集中)を生んだ。
今回の、舞台四隅の赤い柱は図らずも遊劇体の人々が
「闇光る」の息詰まるような濃密な劇空間が何故生まれたのかを理解していなかったことを露呈した。
カタチだけのしめ縄も、みすぼらしく、惨めなだけだ。

この芝居の冒頭は、芝居の第一声が如何に重要であるかを、重く、苦く噛み締める反面教師となった。
全然、出来ていない(新人?)女の子チャン3人の芝居に、へらへらと笑いながら黒衣だか童子だかが茶々を入れる・・・。
ボクは、バカにされているような、腹立たしい気分になった。
「このままではマズい、どこかで気持ちを切り替えなくては・・・」
とは思うものの、結局、最後までこの「嫌な感じ」を引きずってしまい、登場人物の誰にも感情移入できずに芝居が終わってしまった。

正対しない状態でのダイアローグの難しさを若い役者達が理解していたのか、どうかも疑問だ。

状況設定もファンタジー、お話もファンタジー、台詞は美辞麗句古語死語を散りばめて文語調に謡われる。
なればこそ、個々の役者の演技はリアルでなければならなかった。
しかし、今回のキタモト演出はリアリズムよりも様式美を優先したために、役者の表現はスカスカのハリボテ細工、大道芸の風船細工の如きものになってしまった。
「闇光る」のキャラクター達の、強烈な存在感、重く力強いボディブローのような表現は、望むべくも無い。
唯一、気を吐いたのが村尾オサム。
表現力、台詞の説得力、存在感、どれも頭一つ跳び抜けて良い。

「闇光る」が100点満点で200点の芝居だったもんだから、
つい、期待し過ぎたのが自分でもマズかったと思う。
・・・でも、しょーがないじゃん。観ちゃったんだもん。
200点の芝居を・・・。
次も泉鏡花で「夜叉ヶ池」とのこと。
・・・パスらせてもらう予定・・・。
キタモト・オリジナルの深く、暗く、重量級のテキストの上演を待つ。
 

酷い芝居を

 投稿者:シンジ  投稿日:2007年 2月13日(火)02時16分29秒 e137062.ppp.asahi-net.or.jp
  観た。
拷問だった。
明らかに失敗作。
幕が開くまでこの失敗加減に気付かなかったと言う事であれば
「最初の観客」としての演出はまったく機能していなかった、と言う事だ。
ヒロセさんは、えらく優しく書いているけどボクは許せない。
ダメ過ぎるクズ芝居を世に出してしまうのは、取り返しのつかない事なのだ。
この芝居を観て、ボクは深くクラく落ち込んだ。
どうしようもない原作のやっつけ仕事の台本に無為無策の演出。
板の上では、孤立無援の若い役者がブリキの木偶のように
ギクシャクと所在無さ気に右往左往している…。
この怒りを忘れてはならない。
それは自分自身に対する戒めでもある。
 

ヘロウさん

 投稿者:シンジ  投稿日:2006年12月20日(水)22時52分16秒 e136084.ppp.asahi-net.or.jp
    …誰さん?
 

最近

 投稿者:ヘロウ  投稿日:2006年12月19日(火)20時07分13秒 p78b289.osaknt01.ap.so-net.ne.jp
  1匹の子猫を拾いました  

メールBOXを

 投稿者:シンジ  投稿日:2006年11月 9日(木)10時04分19秒 e137052.ppp.asahi-net.or.jp
  作ってみました。
  …無料だったので。

http://107.teacup.com/nyoro/mbox

 

玄武君

 投稿者:たなべメール  投稿日:2006年 7月28日(金)00時18分6秒 zaq3d2eb1ce.zaq.ne.jp
  めちゃかっこええ…
おがましてもらいました〜
 

またぞろ、

 投稿者:シンジ  投稿日:2006年 2月 3日(金)23時50分39秒 e136172.ppp.asahi-net.or.jp
  ブログとか、始めてみました。
文章とか、もう、あんまり長いの書く気力も時間もネタも無いので、
写真貼ってごまかしています。
更新も、あんまり出来ないと思います。

 …え~と、ここ数日の脳内ヘビーローテーションは、
小椋佳の「流れるなら」です。

http://navy.ap.teacup.com/nyoro/

 

これが

 投稿者:シンジ  投稿日:2006年 2月 3日(金)23時33分23秒 e137036.ppp.asahi-net.or.jp
  カメの玄武くんです。
 

イタミの

 投稿者:シンジメール  投稿日:2005年 9月30日(金)23時39分46秒 e136202.ppp.asahi-net.or.jp
  住所だよん。  

そっこー

 投稿者:たなべメール  投稿日:2005年 9月29日(木)22時29分48秒 zaqdadcb377.zaq.ne.jp
  レスくだすってたんですね、すいません!
ありがとうございます。

たぶんわかると思うんですが
下のメールのリンクから送ってみますね!

ひ、拾った…?密漁のまちがいでは…笑
クサガメ写真楽しみにしてます!
 

あ、そうだ

 投稿者:シンジメール  投稿日:2005年 9月27日(火)00時18分21秒 e136186.ppp.asahi-net.or.jp
  メアド、わかります?  

どうぞ、どうぞ。

 投稿者:シンジ  投稿日:2005年 9月27日(火)00時15分40秒 e136186.ppp.asahi-net.or.jp
  こんな死んでるBBSに、わざわざの御越し恐縮です。
ボクはつい最近、職場でカメを拾いました。
真黒に成熟した立派な雄のクサガメです。
甲羅の黒檀のような深い黒色と艶に一目惚れしてしまいました。
名前は「玄武」とつけました。
自慢したくて、たまりません。
ボクからは、このカメの写真を送ります。
 

おひさしぶりです

 投稿者:たなべメール  投稿日:2005年 9月26日(月)23時32分16秒 zaqd378af19.zaq.ne.jp
  お元気でしょうか~
私はほどほどに元気です。
石川さんにみてもらいたいものがあります。
送らせていただいてもいいでせうか?
 

新しいバイクに

 投稿者:シンジ  投稿日:2004年 5月24日(月)00時07分35秒 e137016.ppp.asahi-net.or.jp
  名前を付けました。〈BROWN BUNNY〉です。
ビンセント・ギャロの映画じゃなくて(観てないし)
スピッツの「ウサギのバイク」から取りました。
 

いよいよです

 投稿者:シンジ  投稿日:2004年 2月16日(月)00時45分31秒 f073139.ppp.asahi-net.or.jp
  この土日にWF再演博にて「密会」の本番を迎えます。
今回、出番は短いものの大変良い役を頂きました。
本日の通し稽古もナカナカな仕上がり。
個人的にも「あと、もう少し芝居を続けられるかも…」といった手応えを得ることができました。
2度にわたる大幅な改訂を経た台本は結局の所、
ここ数年の大竹野戯曲の流れを汲む物となりました。
軽やかな凄味の境地、とでも申しましょうか…
「サヨナフ」「夜ナク鳥」を楽しんで頂けた方ならば、必ず満足して頂ける作品に成ったと確信しております。
初参加の藍田まりん嬢も、可憐にして芸達者。
…惚れまっせ。
どうぞ、お運び下さいませ。
 

レンタル掲示板
/5